先輩(在校生)たちのイイ〜お話

1年 蛯名 宥希乃 

 私が栄専に入学したいと思ったきっかけはオープンキャンパスでした。参加した際に、授業や調理といった体験のほか、先生方や先輩方との交流を通し、栄専で学びたいと思いました。栄専は給食管理実習や寮での実習など、実践の場が多く設けられており、郷土料理伝承会や梅加工実習などの特別な授業があるところに魅力を感じました。このようなカリキュラムのもとで学び、卒業後は即戦力として働いて社会貢献したいです。
 私の将来の夢は管理栄養士になることです。そのためにまずは栄養士になるために栄専で2年間学び、知識や技術、社会人としてのマナーを身につけられるよう努力します。

1年 長尾 優磨 

 栄専に入学して、今は前向きに知識と技術の習得に励んでいます。最初私は栄養士がどんなことをする職業かよく分かっていませんでしたが、栄専に入学して「栄養士は大変なことも多いけどとてもやりがいのある仕事なんだな」と思うようになりました。料理が好きな人、誰かの役に立ちたいと思っている人、私たちと一緒に「栄養士」目指してみませんか?

2年 三浦 鈴愛 

 私は、高校で野球部のマネージャーをしていました。選手を強くするために、どんな栄養が必要なのか知りたいと思ったのが、東北栄養専門学校に進学したきっかけです。
 入学後は、先生方も優しく熱心に指導してくださるので、楽しく勉強しています。授業は座学と実験、実習があり、それぞれが繋がり、実際の栄養士の仕事をイメージできます。
 今は、病院栄養士として働く夢を叶えられるよう、勉強に励みたいと思っています。

2年 平井 俊 

 私は、祖母の手料理で育ちました。祖母の料理のおかげで家族全員が毎日健康でいられることに感謝しつつ、私も料理を通じて人の健康の支えになる仕事をしたいと思い、東北栄養専門学校に入学しました。
 入学して感じたことは、各分野で現場経験を持つ先生が多く、実践的な授業が受けられることです。また、クラス全員が同じ目標を持つ仲間で、お互いに刺激し合い、高め合え、実力を身につけられる。栄養士になるならとても良い環境だと思いました。