卒業生からのイイ〜お話

「challenge」 古川祐子さん(青森県)

 私は栄養士として病院に勤務しています。2年目に入った頃、先輩が産休に入り、これまでの業務を私一人で行うことになりました。患者さんはプロとしての私に頼ってきます。その信頼を裏切らないよう必死に勉強する毎日でした。色々な事を経験し学ぶことが出来ました。今度は私が産休を頂き現在、育児の真最中です。生き生きとした私でいられるよう、これからもチャレンジが続きます。

「栄専で学んだこと」                 佐々木華音さん(岩手県)

 私は特別養護老人ホームに就職しました。現在の主な業務は、献立作成発注伝票管理経管栄養管理です。栄専では、少人数制ということもあり、生徒1人1人に行き届いた指導が受けられ、自分の力を伸ばしていくことができました。栄養士としての勉強はもちろん、様々なことにもチャレンジさせてもらいました。ここで得た経験が、今の私を支えています。枠にとらわれることなく、利用者の方々に喜ばれる栄養士を目指し、これからも頑張りたいです。

「卒業1年目」 小山智美さん(青森県)

 特別養護老人ホームに就職しました。施設では朝、昼、晩の3食を作っています。専門学校で学んだことは調理面でも役に立っています。ただ利用者さんの食事を作るだけではなく、一人一人がどんな状態であるか把握し毎日の食事が楽しみになるように心がけて調理をしています。また、周りの人たちとのコミュニケーションを大切にし、仕事を続けていきたいです。

「新米栄養士」 北山桃菜さん(青森県)

 私は有料施設で栄養士として勤務しています。利用者さん個々の状態に対応した工夫が求められ、試行錯誤の連続です。今ここで、こうして仕事が出来るのは栄専で学んできた全てのことが力となっているからです。また、生徒の頃は殆ど開かなかった教科書も今ではマストアイテムです。これからも利用者さんのために一生懸命働きたいと思います。

「夢への一歩」 櫻庭志乃さん(青森県)

 私は保育園の栄養士として働いています。社会人入学のため、長く勉強から離れていたこともあり、育児と勉強の両立ができるか若い人達とうまくやっていけるかなど不安がありました。しかし、いざ入学してみると皆同じ目標を持っている仲間であり、毎日楽しみながら学校生活を送ることができました。今は家族と共に安定した生活を送ることができ、思いきって栄専に入学して本当に良かったと思っています。また、目標である管理栄養士を目指しさらに専門性を高めていきたいと思っています。

「失敗を恐れるな」                         佐々木裕樹さん(青森県)

 私は給食委託会社に勤務し、総合病院障害者施設で働きました。そこで得たことは、失敗を恐れていたら何事もうまくいかないという事を肌で感じました。学生の皆さんは、これから様々な施設で実習があると思いますが、やってみたいことには遠慮せずに挑戦していけばいいと思います。

 村上沙耶加さん 

 私が働いている事務所は少し特殊で、昭和郷給食センターという事業所の中に、老人ホームが3つ、教養施設が2つ、病院が1つ、保育園が1つと、全部で7つの施設を受け持っています。その一つに私がいるわけですが、仕事内容は、およそ100人分の盛り付け・配膳・下膳などです。最近は事務仕事も任せられています。少し慣れてきましたが、それにつれて、消耗品の発注・細菌検査の管理・シフトの作成・施設栄養士との連絡窓口、リーダー会議など、自分が主として働く「施設のリーダー」という任務をやることになりました。期待をされているのはわかるのですが、少しプレッシャーを覚えます。後輩の皆さんも、是非おいでください。

 佐藤千嗣さん 

 私は、特別養護老人ホームで働いて、もうすぐ1年になります。栄専で学んだ「調理技術」は、職場での技として生きています。実際はその他に相手を思いやる気持ちが必要など、まだまだたくさん学ぶことがあります。一人ひとり違う顔があるように、必要な栄養分も個々に違います。それに合わせて、献立を工夫したり、調理したりすることが大変です。「栄養士」という職業は、いろいろな仕事の中から、私がやりたいと思った道なので、くじけないで今できることを一つずつ、地道に努力して頑張りたいと思います。後輩の皆さん方も、頑張って下さい。

永瀬 美紀子

 私は、【栄専】を卒業して5年になり、そして、昨年念願の『管理栄養士』の資格を取りました。在学当時は、校外実習も含めて「こんなに調理実習の時間が多いのか」と閉口していましたが、それが大いに役立ちました。また、入学当初は、地元と離れて寮生活をしていたので、不安が多少ありましたが、ピクニック・体育大会・学園祭などの行事を通して、クラスの仲間や先生方との繋がりを深めることができて、今でも「桜まつり」や学園祭の機会に再会しています。現在は、老人介護施設で働いています。自分が考えて作った料理に対して、感想を述べてくれたり、健康状態が良くなったりした時の喜びは、何にもかえられません。今後も、日々精進して行きたいと思います。